代表野口_黒バック 「今週の一言(いちげん)」第299話ヘビーユーザーの作り方

Fromノグチ

シルバーウイーク、10回で大鼓・小鼓を打てて発表会に参加できる会に参加しました。

写真は池田山舞台発表会終了時の記念撮影です。顔出ししているのが、ノグチ。

ここで事件が起こりました。

 

「ボク、悩んでいるんですよ~、どう言ったらいいか~」

 

(へ~、先生に何か言われたの?)

 

「もう、本番終わったらやることないじゃないですかぁ。だから~、どう奥さんに言おうか悩むじゃないですか、、、。」

「いや、そうだよ!悩むよね!」男性陣が揃って、そうだよね~~

 

(ハァー? 悩みって、それなの~?)

 

そして、皆さん揃って次の稽古の申し込み用紙に記入を始めました。

 

……

やる気だ~!

……

特別な「世界観」を提供

さかのぼること10週間前

初めて稽古場に集まった面々

参加者は、能はよくみるけれど、舞台に立ったことはない。

 

「あ~、あの先生はよかったね。」「今度の演目は面白かったね。」

できるわけではないのに、批評はたっぷりの面々です。

数十回も能舞台を見ているので、もう十分耳年増(みみどしま)、エセ評論家。

 

ド素人を集めて、能の大鼓・小鼓を教えて舞台にまで出す。

かなり無謀なお稽古に参加しようという方達なので、それなりに自力があるのかと思いきや

確かにド素人、音は出ない・拍子は間違える・しまいには手本のYouTubeと先生の教えが違うと言い出す。

 

ついさっきまでは、

「どうしよう!どうしよう!どうしよう!」

青ざめて、凝り固まった顔してたのに。。。

 

にもかかわらず、本番終了の写真は、にこにこスッキリして皆さん嬉しそう。

そして、嬉しそうに、次のお稽古の申し込みを始めています。

 

+「今、ここで」

購入動機は、ハッキリしています。

自分が主役で、周りをプロが固めているので、大失敗無しです。

ちょっと、ハイソで特別な「世界観」に浸れます。

 

さらに購入を推し進めるもの。

そこに大切なポイントがあります。

それは、“今ここで”。

 

今、この時に申しまなければ、10回はクリアできない、舞台にたどり着かない。

10回が丁度良い回数なのは、主役になった自分がいるのが、間違いない証拠。

そう思ったあなたは、ヘビーユーザーへの道まっしぐらです。

 

お客様が、お金を払った時が、販売の一番のチャンス。

見てるだけ~、よりも体験参加の方が、販売回数が多くなるかも。

う~ん、古典芸能の先生たちもなかなかやるな~

 

―ノグチ

 

 

P.S.

おじさんだけが、ヘビーユーザーになるわけではありません。ご一緒した美人さんもご同様

「私、決めたの、申し込むわ。だって時間を置いたらやりたくなくなるでしょう。」

 

お客様の購入時間や、回数、反応した言葉をデータにしてみませんか?

数字を使うのは、「無駄なく、確率高く、最短で、」目標を達成するためです。

セミナー・お問い合わせは、こちらへお問い合わせください。

 http://www.n-keiei.co.jp/inquiry