代表野口_黒バック 「今週の一言(いちげん)」第113話簡単!即効!商売センスの磨き方。

「確かに以前の顧客の名刺の束は、見込み客の宝庫だとおもいますが、もう何年も経ってしまって、退職した人が多いと思います。

もちろん、先生の言うとおり、一度会ったことのある名刺のお客様は、私のお店のお客になりそうな人が多いとは思うのです。ですが、その人達は、私のお店の近くにいますか?

私は、社長と言っても、フランチャイズ店に加盟している店なので、私でなければ伝えられない理由は中々難しいです。」

 

知人の紹介で、話を聞いて欲しいと来られた社長さんがいます。

すでに4年、事業を運営していますが、利益が出ていません。

社長さんは、集客が自社にとって、一番大事な問題だと、お考です。

 

店舗を回すギリギリのお客様数は持っているものの、安定経営にはほど遠いのが現実、新規が増えなければ、売上も増えていきません。

今や、備品購入や設備の更新のために借入も余儀なくされています。

 

開業するときは、手元資金に余裕がありました。

新聞広告を打ち、集客が出来ていました。

しかし、この2年ほど新規の集客数が、減少傾向です。

 

ともかく集客大事とやってきましたが、ポスティング・チラシ制作と資金は減少。

手元資金が寂しくなると、当然大きな広告は打てません。

声がかけやすい「半径5KMで、集客できたら、いいのですけど…。」

 

経理を担当する奥様からは、

「一人あたりの獲得費用が5万円よ!いったいいくら使っていると思うの!」

 

「資金を使わないで」と考え、体験教室や、初回無料など、いろいろな施策を打ってきましたが、新規顧客はめっきりとれません。

 

「お客様の購入の理由は、社長自身がこの仕事を始めようと思った、関わろうと思った理由に通じるものではありませんか?」

 

「私は、社会に役立ちたいと思ってこの仕事始めました。

この商売は、関わる人みんなを笑顔にしますから。」

 

優等生のお答えです。

 

「それじゃ、お客様から沢山声がかかるでしょう?」

 

「ええ、ご苦労様って。お客様にはボクは小遣いさんか事務員ですよね。

みんな注目しているのは、先生達ですよ、賑やかに談笑していますよ。

まるでジャニーズの追っかけみたいなもので……。」

 

「じゃー、社長が声をかけて、お客様と一緒に笑顔になる時は、どんな会話しているの?」

「あんまり、おぼえていません。」

 

優等生は、お答えだけ。

自分が何をしているのか、お分かりになっていないようです。

 

そこで、イイ見本を、社長さんにお伝えしました。

 

4月1日から日経新聞に掲載されたジャパネット創業者の高田明さん「私の履歴書」読まれた方も多いのではありませんか。

 

 “写真は一人しか写っていないと、その人しか買ってくれない。中が良さそうなグループを見つけて撮ると買ってくれる人が増えた。”

 

“ご婦人はイイ表情で写っていなければ絶対買ってくれない。…お客様が喜ぶものを撮らないと売上につながらない…”

 

《大勢のご婦人方を前に写真を販売している高田さん写真が掲載》

 

さすが!ジャパネットたかた、高田さんの商売センスに脱帽です。

お客様に「あなたは美人、イイお顔」を撮ってますと、喜びの提供です。

お友達と一者なら、家族、特に舅姑にだって申し開きの出来る証拠写真の提供です。

 

お客さんのために、ボクは生きていますよ!

あなたのために、あなたのイイ表情の写真を撮ってますよ!

あなたの旦那に、イイ旅行して良かったねと言わせる理由を用意しましたよ!

 

「商売センス」とは、お客様に「得をしたと思ってもらえる」売れるセールスのことです。

商品を前にしてお客様の顔色が変わったら、その理由をお得感の言葉にする。

 

商品だって、お客さんだって、時代でドンドン変わっていく。

だから、商売センスを磨く機会は、途絶えることはありません。

今、売れているものを数えて、「売れてますよー」と言い、お客様にどこが良かったかを聞いて「その言葉を繰り返す」だけ。

 

ただただ、お客様にとってのお得はナンだろう?を聞くことで磨かれます。

もちろん、一番売れている商品にその理由が沢山ついてきます。

売れていないなら、売れない理由も聞いてみるのです。

 

「いつもやっていますよ。体験会で今申込すると、10%引きの説明をしてます。」

イエイエ、「見てるだけ~」の人に売り込むから「逃げられる。」

お得感は何で得られるか、会話して聞き出すのがセールスです。

 

商売センスアップ訓練には、まずお得意様の苦情を楽しむゆとりが大事です。

始めは、馴染みのお客様から始めましょう。

口のうるさい超お得意様の「もっとこうしたら…」が、聞けたら、それは、苦情ではなくて「お宝」です。

 

「私は社長と言ってもフランチャイズだから…、」

 

御社同業のフランチャイズでは、ホームページはみんな様々に工夫があります

経営者の情熱の方向によっては、「健康産業」に見えたり、「自己実現サービス業」を標榜したり、「物品販売業」に見えたり…。

 

これって、目の前のお客様と経営者の関係を写しているのです。

 

社長さんは、自分の事業を社会に役立つものにしたいと言いました。

社会に役立つには、多くの人に知ってもらって、その効用を伝えることが大事です。

より多くの人びとに幸福を伝えたいなら、ビジネスとして成功する事が大前提です。

 

ビジネスの成功は、お客様に「喜んでもらっている処はどこですか?」と聞くところから、始まります。

 

目の前のお客様には、集客集客と声を張り上げて、自分達を見ていない社長さんに親近感は湧きません。

ですから、全く違うメッセージが、お客様に届いてしまいます。

 

売上は増やしたい、だからお客様はほしい。

お客は欲しいけど、集客に経費はかけたくない。

でも、新規が気になるから、目の前のお客様の苦情は聞きたくない。

矛盾してるっていわれても、これが経営者の気持ちです。

 

ひたすら「売ってナンボ」、がビジネスです。

セールス偏重で生きるのが、社長です。

セールス偏重だから、世界が広がっていくのです。

 

魔法はありません。

着実な方法があります。

お客様の喜ぶ企画、得する企画をやり続ける事です。

 

今お店には、あなたの商品を欲しい!と思って購入してくれて、さらに毎月購入して下さっているお客様がいるのです。

そのお客様の購入の理由をもっと大きくする、お客様との関係をもっと強くするのが、社長の仕事です。

 

 

▼メールマガジンにご登録下さい

http://www.n-keiei.co.jp/acmailer3/form.cgi