代表野口_黒バック 「今週の一言(いちげん)」第294話Zoomと赤ちゃん

Fromノグチ

昨日Zoom面談していた時、PCからかわいい赤ちゃんの泣き声が聞こえてきました。

 

一週間前、業務ソフト導入について、Zoom面談の申し込みをしました。

従前から関心があったソフト、スマホでシャメればデータが入力できるんです。

そして、打ち合わせもZoom、事務所でPCを開けば相手の顔見て契約までできます。

 

ワタクシ、“時短・簡単・スピーディー”が大好きです。

「背景」

さて、時刻の到来。

予約は、週明けの月曜日の11時。Zoom面談の開始です。

先週打ち合わせをした担当者が、今日も引き続き担当してくれました。

 

画面に映し出された担当者、

あれこの人だっけ?

先日はジャケット姿だったのに、今日のご担当者は、白いパーカーを着てゆったりと座っている。

 

…よどみない説明…

画面は、担当者PCのパワポ資料でいっぱいだ。

 

「先日いただいた野口様からの質問はこの4つだとおもいましたが、よろしいですか」

 

(あ、はい。。。)

 

情けない、先週疑問に思ったことをそのままメールで送付したのですが、

頭の中の情報は、半分消えている。。。

あ~、ま~しょうがない。面談の前に復習しなかった~

 

フッと、パソコンの画面脇を見ると、小さな枠に担当者の涼やかな表情が映っています。

白い壁、ふんわりと白いローン地のカーテンが揺れています。

 

(あ~、そうか、テレワークなんだ。)

 

(この人優秀だものね。)

1時間ずつお客様をZoom面談に招いて、商談していけるわ~。

この人の説明テクニックをまねなきゃね。)

「音」

と、その時 赤ちゃんのかわいい声

それもまだ生まれて間もないころの泣き声が聞こえました。

ギャーじゃないんです。ちょっと“ふみゅ~“音が入った泣き声

 

子供が三人いるノグチは、想像たくましい。

だいたいの月齢まで推定しちゃう。

いいな~、このくらいの赤ちゃんは、かわいいばかりで、、、

なんて声をかけようかしら、、、

 

ところが、例のご担当者、彼は微動だにしない。

まっすぐこっちを見たまま、いえ、PCカメラにまっすぐ焦点を当てたまま

共有画面に映し出された、データの変換方法を説明してくれている。

 

「いかがですか?」

 

(はっ、はい、分かりました。)

…、と私のスマホが、鳴りました。

 

「あっ、お急ぎですね。それじゃ今日のZoom面談は終了させていただいて、ご質問はメールで回答させていただきます。」

 

で、あわただしく、面談は終了。

検討しましょう、で終わってしまいました。

「気持ちの揺らぎ」

こんなことって、ありませんか?

 

SNSに載せようと撮った動画に、余計な背景が映りこんでいる。

カメラは、私たちの背景を映し出します。

周りの音も拾います。気持ちの揺らぎを映し出します。

 

ちょっとしたミス。でも、契約はしませんでした。

 

せっかく、いいプレゼン資料を作って、トークの練習もしていたであろうに、

お互いに、結果が出ない結末に。

 

商談は、Zoom が主流になってきました。

Zoomに慣れてきたこの頃、相手の気をそらさない工夫が必要なんですね。

 

―ノグチ

 

 

P.S.

今時の提案方法が、Zoomであったり、スカイプであったり、ベルフェイスであったり、変わってきているとお感じになっていませんか?

コロナ禍が通り過ぎるのを待っているのではなく、コロナ下の経営・販売・財務をご一緒に考えましょう。

 

セミナー・お問い合わせは、こちらへお問い合わせください。

 http://www.n-keiei.co.jp/inquiry