電卓と決算書イメージ あなたの最高益を10倍にするコンサルティング オーナー経営者のための高収益化事業戦略を進めるために

高収益化を目指す社長様へ

成長する社長には、共通する要素があります。

成功する社長は、「これだけは、他の誰にも負けない!商品・サービス」を持っています。成功する社長には、喜んでインタビューに答えてくれる超お得意様がいます。そして、必ず同じ質問を経理に投げかけ続けます。

私は37年間350社・起業したて年商500万の事業主から30億の会社経営者まで、業種を問わず経営管理=経理の参謀として仕事をしてまいりました。業種の違いは、製造工程や販売方法の違いを生じます。規模の違いは、人事管理、組織構成の違いを提示します。

ですが、成功する社長達は、共通した要求を経理参謀に求めました。

「正確に教えてくれ!今の数字が欲しい。」

社長が心底知りたい数字は、今、自社にとって利益を増やせる数字、今、自社が事業投資出来る資金の数字です。

会計事務所に数字をまかせていると、社長は、利益も資金も増やせません。

そもそも、社長がほしい利益を出す数字は、今の数字。決算書は過去の数字でしかない。

税金申告が主目的の会計事務所では、実は、売上が伸び利益が出ると困るのです。納税金額の少ない方が、顧問先から文句が出ない。会計事務所の職員は、利益が出て喜ぶ社長よりも、お金がないから納税額を少なくしてくれと頼む社長に親しみを感じています。

事実、会計事務所が関与する258万件の申告法人の内、欠損法人は176万件、7割が利益を出さない納税しない欠損法人です。(H25年国税庁会社標本調査結果)

商品の良さを競う時代は終わった。今は何を競うのか?

平成9年5月1日楽天市場が開業しました。その時の初月売上は32万円でした。それから約20年がたち、平成28年amazonジャパンは、たった一社だけ一日だけで、その売上額は、36億!(年間売上1兆3335億÷365日=約36億)

私達は、20世紀大量生産大量消費(work out)の世界から、21世紀市場の要求するもの(market in)の世界へ移行しています。大きな変革をもたらしたのは、インターネットの出現です。もはやインターネットは、社会インフラになっています。今や、世界は、顧客のほしがるものをカスタマイズして、個別少量製産する(user in)に入ろうとしています。

お客様は実店舗よりインターネットを通じて商品・サービスを購入するようになりました。その理由は、価値観を共有するインターネット、SNSの友人の言葉を信用するからです。その原因は、ご近所の実店舗販売員の言葉は売り込みに聞こえ、信用できないと思っているからです。お客様の満足を高める手段、お客様との距離を縮める手段は、大きく変化しています。

商品サービスの機能を競った時代から、顧客獲得を競う時代へ移行しているのです。

社長さんの欲しいもの、それはお金の心配なく、安定的に業績が伸びていくこと、ではありませんか?

商売は、お客様満足度を高めて利益を出し、お金を増やすゲームのようなもの。お金がなくなったら、ゲームオーバーです。それなら、お金の状態を知る数字が絶対必要です。お客様の満足度が高まっているかを知る数字がこれまた絶対必要です。

オーナー社長に必要な2つの数字とは、

  1. キャッシュフロー(事業に投資する資金の数字)
  2. 顧客一人あたりの価値(利益を増やせる数字)

投資出来る資金の数字は、2ヶ月後の預金通帳の残高です。

売上を増やすには、投資が必要です。売上を上げるためには、宣伝資金も社員教育資金も設備投資資金も、必要です。

運転資金として必要なお金、返済に必要な資金、ボーナスや納税資金を除いた売上アップのために使える資金を、予想預金算高として掴むのです。顧客一人あたりの価値(利益を増やせる数字)とは、顧客の満足を知る数字、顧客との距離を知る数字。例えば、客単価、客数、リピート率、成約率、LTV…現実の顧客を知る数字です。

顧客を知る具体的な数字だから、今顧客に提案すべきイベントも新しい支払い方法も商品提案も、分かるし、具体化できます。

成功する社長が共通してやっている『一効一得の法則』

成功する社長は、「これだけは、他の誰にも負けない!商品・サービス」を持っています。

成功する社長には、喜んでインタビューに答えてくれる超お得意様がいます。

超お得意様は、売上の80%を支えています。そして、新たなお客様を紹介し、会社を応援するファンになっています。

成功する社長達は、80:20の法則を使って、自社の一番得意を、見極めます。

「80対20の法則」を聞いたことはありますか。あなたの売上の8割を稼ぎ出す上位2割のお客様が、あなたの超お得意様です。社長の得意は、この超お客様が教えてくれます。超お得意様をハッキリさせて、あなたの誰にも負けない「得意」を聞いて下さい。

これが社長の「一得」の再発見法です。

プロのコンサルタントが実施するキャッシュフローを最適化する方法は、7つあります。

  1. 価格の上昇(値上げ・アップセル等)
  2. 販売量の増加(販売個数の増加・リピート販売)
  3. 製品コストの引き下げ(仕入価格引き下げ、製造コスト削減、ビジネスモデル変更)
  4. 間接費の引き下げ(販売管理費の削減)
  5. 売掛金の回収日数短縮6.在庫の保管日数短縮7.買掛金の支払い日数延長

【7つの改善策】から最も効果的な方法を選ぶのが、「一効」

高収益への近道は、《社長の「一得」を再発見》×《社長に一番有利な数字「一効」で効果を最大化》させることです。

しかし、思い切って自分の得意だけにしぼれる社長は、ほとんどいません。オーナー社長、あなたは、誰にも負けない「得意」をお持ちです。ご自身の「一効一得」を見つければ、高収益化は一気に進みます。

さあ、あなたも、3000万、1億、10億社長へと、さらなる扉を開いて下さい。

具体的なコンサルティングのステップ

  • 彼を知りて己を知れば、百戦してあやうからず

    現状の認識と問題点の把握/資金の滞っている場所の発見

  • 社長の「一効一得」目標と改善プランの試算・ブレスト会議の実施

    7つの資金力アップ 改善プランを試算する・3倍利益の1番づくり

  • 改善プランを実行プランへの落とし込む

    責任者・報告先報告事項を決める、打開策が数字で見える化・現場業務マニュアル

  • 「なぜ」をリアルタイム売上分析から儲かるにつなげる仕組み作り

    営業導線と営業活動数値収集の仕組み設計/リアルタイム売上分析システム

  • 投資事業資金計画と設備投資

    キャッシュフローで、投資効率を検討する

  • 手元資金 6 月計画と来月予測資金・来来月予測資金計算法

    社長の手元資金不安を解消する具体的手順

  • 流れづくりと最終確認

    成長戦略方針書のまとめ。事業発表会

個別相談

オーナー社長のための高収益事業戦略 180万円(税込)

オーナー社長の得意を再発見して、「一効一得の法則」で高収益化を実現します。(完全返金保証)180万円資金が増えなければ、完全返金いたします。

会社の手元資金を増やす! 90日プログラム 25万円(税込)

会社の一番大事な手元資金、A4シート 5枚で、簡単・安心・確実に資金不安を解消。資金の使い方、保持の仕方を、後継者に伝えるのは、経営者の大仕事です。資金を握るのが経営者、後継者に伝えるプログラムとしても活用されています。

個別経営相談(2時間) 5万円(税込)

御社の方向性の確認・課題の明確化、コンサルティングの導入等のご相談を承ります。

メール相談会員 月額 2.5万円(税込)

セミナー参加・個別相談をいただいた方が、直接ノグチへメールで相談いただけます。回数は問いません。ご自身で考え、判断出来るための社外相談役としてご活用下さい。

お申込み・お問合せ

「オーナー経営者のための高収益化事業戦略」コンサルティング、「個別相談」へのお申込みは、お電話(TEL:03-5348-8242)、または下記の入力欄に必要事項をご記入の上、送信してください。

は必須項目

*
*
*
※入力後、県名自動入力
*
*
*
*

送信ボタンの前に以下の承諾をお願いします。

個人情報保護方針について承諾する。