開いたノートとペン コラム 「今週の一言(いちげん)

日々奮闘している経営者・経営幹部の方に、気付きやヒントになって、“応援団がここにいるぞ!”と伝わるコラムを掲載していきます。

第39話 社長さん、役員報酬を2倍にしたいのでしたら、労働時間を2倍にするより、今儲かっている事業のお客数を2倍にする企画です。

「経理に給与を増やしたいといったら、できないと言うのです。おかしくありませんか? 一生懸命働いて、売上は2倍になっています。今までの主力商品の他に、お客さんが次に手をだしやすい商品を仕入れて販売したので、客単価が上がっています。だから、経理…

詳細はこちら

第38話 どの数字を選ぶか?で会社の利益は雲泥の差になります。数字は社長の力量を従業員に見せちゃいますヨ。

 「原価率が83%になってしまって、どの経費が多いか真剣に見たけど、どれもみな無駄をしている訳じゃないと分かった。足りないのは売上だよ。今月は3つの部門で前年対比で減してるし、ともかく現金売上が少ない。前月、利益率のワルイお客さんを断ったん…

詳細はこちら

第37話 昔からのことわざ 給与の3倍働けば一人前とは、労働分配率が33.3%の超優秀な社員にならなきゃいけないってこと?

「この業種は労働分配率が、だいたい40%だとコンサルタントの先生から聞いたので、売上目標は、労働分配率で給与を割り返した数字にしています。かなり難易度が高いので、その8割いけば、マーマーかな。」   財務担当者は、毎月詳細な経営資料を作成し…

詳細はこちら

第36話 数学は嫌いでも、数字とは仲良しになってください。お金がついてきますョ。

「自分で数字を拾いだしているんですよ。経理がやる事だったのに、自分でやらなきゃならないなんて、、、でもやってみたら売上は低くても初期投資がかからなくてすぐに利益がでる事業が分かって、よかったよ。」   数字と聞くとすぐに中学生の頃の数学苦手…

詳細はこちら

第34話 同族戦略における社長夫人の最適ポジション

「今までは、場つなぎだと思っていたのですけれど、もう少し夢を見て、ハッピーに退職したいと考えました。それにはどうすれば、と考える事ができました。」   先日、当社セミナーに参加された方からいただいたご感想です。 ご自身の立場を「場…

詳細はこちら

第33話 値決めから逃げるのは、自分達の価値を上げる努力をしたくないから

「値決めが、甘かったんですね。自分がいくら欲しいか、どれだけあれば生活できるか、計算なんかしない方がかっこいいと思っていました。子供を持って本当に初めて考えました。子供を育てるのにいくらかかるか、数字にしてみたんです。そしたら、売上はどうし…

詳細はこちら